CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
アクティバート ヒト幹細胞培養液 スカルプ 定点観測 3
0

    アクティバートのヒト幹細胞培養液スカルプを使用して約三ヶ月経ちましたので経過を報告させて頂きます。

    まず頭皮の状況をマクロ的に見るとあまり変化があるようには見えません。

    本人にしか分からない事を述べますと髪が以前より立ち上がるようになり微妙に増えた気がします。

    マイクロスコープで見てみると細い毛が生えてきているのが分かると思います。

    一応三ヶ月経ちましたのでヒト幹細胞培養液の使用を止め別のスカルプを使用し頭皮と髪の様子を注視していきます。

    月イチの定期でしているアクティバートのヘッドスパは継続していきます。

    目に見えて分かるようになるのか観察し使い始めて半年にあたる三か月後にまた報告させて頂けたらと思います。





     
    | HAIR ITEM | 12:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    フォルムコントロールトリートメント 3人の経過と感想をまとめてみた
    0



      長さは肩下20cmのロングヘア、髪質はやや硬めの撥水毛、少しうねるクセと広がるクセあり、毛先20cmは10レベル程の明るさ、ヘアカラーのダメージでパサつきダメージレベル3程度。

      このお客様も去年の年末辺りからナチュラルハーブカラーで施術しております。

      ただ白髪がそれほど多くないので3,4か月経つと新生部の黒髪が目立ってくるので気になるとクリアカラー7レベルで地肌に薬剤を付けずにトーンアップしてからナチュラルハーブカラーを被せ施術しています。

      前回は8月ナチュラルハーブカラーをしながらフォルムコントロールトリートメントを同時施術。

      2か月経ちご来店時にフォルムコントロールトリートメントの感想を聞くと「すごく良かった。自分の髪がパサつきや広がりが無くなりこんなにもツヤツヤになり扱いやすくなるとは」ととても喜んで頂けました。

      プロの目から見てもいつもの髪質とは違い特に毛先の収まり具合、手触りなど未だにトリートメントが効いてるかのように感じました。

      このような髪質にはとても相性が良いのかと一つ知識が増えた。

      今回も根元はナチュラルハーブカラー、中間から毛先にフォルムコントロールトリートメントをしようかとも思いましたが、まだまだ効力が残ってそうなのとあまり短期間で重ねると酸の影響で髪が硬くなると聞いたので今回はフォルムコントロールトリートメントはやめて手触り重視のベーシックなトリートメントで施術させていただきました。

       

      これからも引き続き経過を観察してベストなメニューを提供したいと思います。

       

       

       

       

       

      ゴールデンウィークにフォルムコントロールトリートメントを施術したお客様も5か月ぶりにやっと時間ができたとご来店。

       

      一か月間の感想は聞いてたのですがそのお客様は一ヶ月過ぎた頃から髪が元の状態に戻ったとおっしゃっていました。

       

      今回はロングからバッサリショートにするという事だったのですが何せリンクの画像を見て頂いたら分かると思うのですがクセがかなり強いので全体にストレートパーマも希望されてました。

       

      ある程度の長さでバッサリとカットしてクセの状態を見るがよく分からないので一度シャンプーして乾かしてみる。

       

      と一番クセの強いフェイスライン以外は全然クセが出てない(真っ直ぐになっている訳ではなくスタイリングすれば活かすことの出来るクセという事)

       

      流石にフェイスラインはクセがくっきり出ていたのでその部分だけストレートパーマを施術。

       

      う〜〜ん、フォルムコントロールトリートメントの効果なのか髪質が変わったのかよく分からない。

       

      この髪の疑問の答えはまた次回までおあずけという事で(次回に答えが出るとは限らないが)

       

       

       

       

       

       

       

       

      次に6月、8月にフォルムコントロールトリートメントを施術したお客様。

       

      フォルムコントロールトリートメントはすごく良いが今回は全体的にうねりと広がりが気になるので一回ストレートにしてしまいたいという事で約1年8か月ぶりにストレートパーマ(フェイスラインのクセの強い所は定期的にストレートパーマを施術)

       

      髪質と状態を見極め3種類の薬剤を使い分け、アイロンの温度も場所により調整して施術。

       

      結果ストレートパーマ特有の硬さが無く自然な柔らかさのあるスタイルに仕上がりました。

       

      フォルムコントロールトリートメントを2回挟んでいるということで髪の状態が酸に傾きストレートパーマのアルカリを中和してくれているようにさえ思える位やり易かった(これはただ思っているだけで確証はない)

       

       

      ストレートパーマの間にフォルムコントールトリートメントを挟むのはかなり効果的に感じられた。

       

       

      ストレートになる訳ではないですがクセで悩まれている方は一度お試しになられてもよいと思います。

       

      どうもありがとうございました

       

       

      | HAIR ITEM | 14:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      ノンジアミンによるカラー experiment 4
      0

         


        最近のマイブームであるノンジアミンによるカラーの発色の思考。

        前回クリームブリーチ×アイスラベンダー30%を試しアイス系の色味が感じられなかったので今回はクリアカラー13×アイスラベンダー50%でハイライトを試してみる。

        今回の髪質は細く、柔らかく、クセ毛、アンダーの赤味は少なく、毛先半分以上は縮毛矯正の履歴あり、根元2CM新生毛で既染部は褪色して11~12レベル位でダメージレベルは5段階で3.5~4。




        希望は少し落ち着けて秋らしい色味という事でベースにクリアカラー7に塩基性染料バイオレットを30%入れてリタッチ後、毛先は塩基性染料バイオレット単品使用。

         

        20分後カラーチェック。

         

        まずハイライトの所の薬剤を拭き取り色味を見てみる。

         

        50%入れたがやはりアイスラベンダーの色味は感じられない。

         

        という結果からアイス系は薬剤の持つ色味の特性からブリーチ毛や明度の高い髪に対しての単品使用のみ色味が感じられるであろうという結論に至った。

         

        次にベースの色味を見てみる。

         

        新生部はおそらくバイオレットとアンダーの黄色が反応してナチュラルなアッシュ系の色味、明るくなりやすい髪質のせいか明度はクリア7で染めたが8レベル程の明るさになった。

         

         


        続いて毛先を見てみる。

         

        毛先は特に縮毛矯正部にしっかり深めのバイオレットが入っているが縮毛矯正の所は内部がスカスカなので深く入っていてもすぐに色味が抜けると予測し、そこそこのダメージレベルなので1ミリもアルカリに触れさせたくなくコームスルーなし、根元付近にバイオレットの色味を軽く乗せるイメージでしっかりめに乳化してから流す。

         

        仕上がりの色味がこちらになります

         

         

         

        結果と考察

         

        根元にバイオレットの色味が感じられず毛先に深くバイオレットが入ったので毛先がやや沈みヤバい感じもしたが仕上げてみるとバイオレットの色味がしっかり見える事でグラデーションカラーの一種のように見えた。

         

        縮毛矯正をしている髪の色が入りやすく抜けやすいというこの辺りは難しい所ではあるが、予測では3日もすればスカッと色味が抜ける可能性もあるので予め濃いめに入れておくほうが少しでも長く色の変遷を楽しめるかなと思うのと、薄めて丁度に仕上げるとすぐに元の褪色した感じに戻ると思われるので希望されている落ち着いた感じにはならないと思いあえて深めに入れた。

         

        縮毛矯正毛×塩基性染料単品の色の入り具合が知れたのはすごく勉強になった。

         

        あとはまた色の持ちとベーシックなカラーとの櫛通りや引っ掛かりなどダメージやツヤ感の持続性の違いを聞いて今後のサロンワークに活かしていきたいと思います。

         

         

        この髪のアップの画像がクリア13×塩基性染料アイスラベンダー50%を細めのウィービングで入れたハイライト部分になります。

         

        カラーチェック時は黄色味が強く感じられたが乳化したことにより色味が入ったと推測。

         

        多分美容師にしか分からない色の差だと思われるがこの部分も今後褪色してどうなっていくか知りたい所である。

        | HAIR ITEM | 11:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        ナチュラルハーブカラー 9ヶ月目の髪の状態 
        0


          先日ご来店下さったナチュラルハーブカラーを去年の12月から約9か月毎月されたお客様の髪について感想を書きたいと思います。


          12月以前は毎月グレイカラーリタッチと毛先はトリートメントを施術していました。


          長さは鎖骨ほどのミディアム、お肌は弱くカラー時は少し沁みたり次の日の朝痒くなったりされていたのですがバリバリとお仕事もされているのでどうしても白髪をカバーしたい。


          そこでナチュラルハーブカラーを勧めてみると一度やってみたいという事でナチュラルハーブカラーに変えると全然痒みも無くなり沁みる事も無くなったそうです。(これこそナチュラルハーブカラーを導入した目的、髪とお肌に極力負担の少ないものを)


          髪質は細く柔らかくてやや大きくうねるクセがあり、アンダーは赤味が少なくカラー時は褪色すると黄色味が出やすい髪です。


          さてナチュラルハーブカラーのブラウンでリタッチ、毛先はナチュラルハーブカラーのクリアでトリートメント処理、毛先のメンテナンスカットを続けて9か月。




          9か月経つと以前のアルカリカラーの部分が半分以上無くなってきています、

          色味はやや赤味がかったココア系のブラウン(色の見え方は白髪の量によって変わります)

          ブローをしていてもナチュラルハーブカラーの所は非常にやり易く良い具合にクセも馴染み扱いやすいです。

          毛先のカラーの残っている所は少しパサつきとダメージによるものなのかクセが収まりにくく若干の扱いにくさがあります。


          それでもお客様自身は自分でも凄く扱いやすくなったと喜んでおられました。


          このお客様自身でも感じて頂ける扱いやすさと綺麗になったと喜んでもらえる事こそ美容師冥利に尽きるというものです。


          まだ若干毛先にアルカリカラーが残っていますが誰が見ても一目瞭然綺麗になっています。

          会社の同僚にも髪型変えた?と言われたそうです。(髪型は変えていない)


          毛先の褪色も気にならず一度入れたブラウンの色味が残り黄色味が出ずに経過しています。

          私としましてはアルカリカラーの部分が完全に無くなる時が楽しみで仕方がありません。

          色々な方の髪の経過と状態のデータをインプットしているので何か変化を感じられたらどんどんアウトプットしていきたいと思います。


          どうもありがとうございました。

           
          | HAIR ITEM | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          ノンジアミンによるカラー experiment 3
          0


            ノンジアミンによるカラーの可能性を求めて

            今回はクリームブリーチに塩基性染料アイスラベンダーを30%混ぜてウィービング、ベース部分は新生部クリア11に塩基性染料ベージュを30%、毛先既染部10レベル程の明るさの所には塩基性染料ベージュを単品使用で20分。

            アンダーはあまり赤味を帯びていない比較的明るくなりやすい髪質。

            20分後カラーチェック時、ウィービング部分はアイスラベンダーの色味は全然感じられずブリーチしただけの15レベル程の黄色系の色味、ベース部分は新生部、既染部ともにしっかりベージュを感じられる色味になりました。

            クリームブリーチした部分の黄色味を少し柔らかくしたかったのでコームスルーで馴染ませてから流しトナーで全体に再度アイスラベンダーを被せて5分で流し。

            仕上がりはベース9~10トーンハイライト部分も少し馴染み12~13トーンといった所。

            光の加減でほのかにアイスラベンダーを感じられるが想像よりも色味は薄かった。

            ブリーチと混ぜる時は混ぜる比率をもう少し高くした方が良いのかな?

            次はもう少し塩基性染料の比率を上げて試してみる。

            ベースのベージュは既染部を薄めず塗ったのでどうかなとも思ったりしたが良い感じにベージュの色味を感じられた。



            あとは色持ちとダメージ感を聞いて自分の知識に増やしていきたいと思います。

            どうもありがとうございました。

            ちなみに前回のシルバー系クリアカラーは5日程経ちましたが今の所ダメージ感、褪色ともに感じられずカラー後はいつも肌の調子が悪くなるそうですが肌の調子も悪くなっていないようです。

             

            | HAIR ITEM | 12:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            アクティバート ヒト幹細胞培養液 スカルプ 定点観測 2
            0

               


              ヒト幹細胞培養液のスカルプを使用して2か月が経ちましたので2か月目の感想を書きたいと思います。

               

              まず実感としましては1ヶ月目より2か月目になると少し髪が増え根元の立ち上がりがついたように感じる。

               

              写真に撮るとそこまでの変化は見られなかったので定点観測している写真はまだ載せないでおきます。

               

              先日アクティバートの営業の方が来られたので気になる事を幾つか質問させて頂きました。その解答の1つによりますとだいたい1~2か月で徐々に髪が生えてきて短い産毛が生えてきているとおっしゃっていたので短い毛が押し上げて立ち上げているのかと思ったりしています。
               

              3か月で一旦使用を辞めるのでとりあえずあとひと月使っていきます。

               

              健康な髪は健康な頭皮からという事で毛穴の洗浄と栄養補給のヘッドスパは変わらず毎月続けていきたいと思います。


              これは半年〜一年後の結果が楽しみ過ぎる。

               

              少し薄毛が気になる所の頭皮、毛穴、毛根、髪がどのような状態になっているのか気になりマイクロスコープを購入して撮影してみました。

               

               

              ヘッドスパ後に撮ったので余分な皮脂や汚れなどもなく頭皮の色も健康的でかなり綺麗な状態でした。

               

               

              ヘッドスパの大切さも思い知らされました。

               

               

              ヘッドスパは毛穴の汚れを取りマッサージにより血流もよくするのでスパをしている時はもちろんの事、終わった後もとても気持ちが良いのでお勧めです。

               

               

               

               

              | HAIR ITEM | 12:37 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              ノンジアミンによるカラー experiment 2
              0

                 


                今回はクリアカラー9レベルにシルバー系の塩基性染料を30%

                新生毛4CMから毛先は10トーン、細くて軟らかいので明るくなりやすい髪

                お肌が弱いので根元は染めず毛先までワンタッチでベタ塗り

                ベタ塗りにしたのは毛先に入る色の状態を見てみたかった為

                染め上がり根元から中間は7~7.5トーンくらいの蛍光灯の下で見るとほのかにシルバーがかった(寒色系)ブラウンになった

                毛先は少し色がのったので9トーン位に落ち着いたが元々引っ掛かりの出ていた所がベタ塗りした分少しダメージが気になったがそれも試したかった事の1つなので知識が増えた

                毛先は細い髪で毛羽たちが多いので根元から中間の色味を写真に収めた

                後は肌の状態と色持ちとダメージの状態を経過観察していく





                 

                 

                | HAIR ITEM | 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                塩基性染料のロコルをしばらく使用してみたが・・・
                0


                   

                   

                   

                  塩基性染料という事でロコルを色々試行錯誤しながら数年使用してみたが色味は綺麗で香りも良いがどうも使い難い。
                   

                  地肌に付くとダメ、ウェットの状態で塗布しないとダメ、アルカリカラーと混ぜるとダメ、3〜5分で流して等、制約が多すぎて自由な発想で色々と使えない。


                  ウェット塗布なのでシンプルにトナーで使う分にはOKだが細かい作業の時には操作性が非常に悪く不向き。

                  あと気になるのがブリーチオンロコル後、数か月経ち髪を見た時、髪質によるものなのか昔の黒染めの残留色素なのか何か分からないがピンクの色味が髪に深く残る時があり、これが中々取れなくて次のカラーの時にかなりの手間がかかった。

                   

                  クリアのマニキュアで色味が抜けるという事でしたが奥深く残っているピンクは取れる気配はなくブリーチしました。(トーンダウンならそのままいけそうでしたが再度ペール系希望だったので)

                   

                   

                  白髪も染まり、アルカリカラーとも混ぜれる万能な塩基性染料がありそうなので色々と試してブログに書いていこうと思いますので宜しくお願い致します。

                  | HAIR ITEM | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  アクティバート ヒト幹細胞培養液 スカルプ 定点観測
                  0

                    アクティバートのヒト幹細胞培養液を使用してひと月程が経過しました。


                    ここ一年半ほど頭皮を定点観測して画像を残しているのですが画像を見る限りでは今の所ブログに載せるほどの大きな変化はありません。


                    自分で感じた事は10日位で髪にコシが出て立ち上がりが良くなり毛量も少し増えた気がしたのですが先日二週連続で海水浴に行ったところ増えたと思っていた髪が減って元に戻った気がする。


                    夏なので汗+湿度でどうしても髪が濡れてベタついてしまうので余計に薄毛に見えるという事もあると思います。


                    そのほかに感じられる変化としましては頭皮の色が白っぽい色からやや土色っぽくなっています。


                    これは日焼けの可能性もあります。


                    まぁひと月でそんな急激に髪が増えたら恐ろしくて仕方ありませんが、とりあえずひと月経たのでここまでの変化について軽くまとめてみました。


                    スカルプ系は効果が出るのに早い人で三か月、普通はだいたい半年〜一年で効果が出ると言われているので今後どのような結果が出るのか楽しみで仕方ありません。





                     
                    | HAIR ITEM | 12:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    フォルムコントロールトリートメント for COLOR Brown 実践
                    0


                      ブリーチでハイライトを入れているお客様。

                      面接があるという事でハイライトを目立たなくしてほしいとリクエスト。

                      髪質は硬めで所々にややうねるクセ、乾燥によるパサつき広がるクセも所々にある。

                      ダメージはそれほど感じられないダメージレベルでいうと2〜3といった所。

                      フォルムコントロールトリートメントの決まりそうな髪質という事でトーンダウンしてからトリートメント施術。

                      ブリーチ毛への施術+色味はほぼ地毛に近く自然な感じで良いという事なのでFor Color Brownを50%入れてみた。

                      (写真は使い回しですいません)


                      ディーラーからはあまり入れすぎると色が沈むので総量の10%位を目安にと言われたが今回は色を極力沈めたく思っているので50%にしました。

                      以前ブリーチオンカラーした髪に施術するとどれぐらい色が抜けるかを実証済みなので躊躇なく50%入れました。

                      私はグローブをして塗布しましたが、ブラウン(赤味)の色素が結構入っているように感じたので素手で塗布すると手に色が付きそうでした。

                      50%入れた結果、目を凝らしてよく見るとカラー直後より色は抜けましたが自然なブラウンの色味はキープしていました。

                      素人が見るとカラーしているかどうか最早分からない事でしょう。

                      プロが見るとほんのりハイライトが入ってると分かるくらいの結果になりました。

                      手触りはツルっとしなやかに柔らかくなりました。

                      エージェントさんに表情が明るく見えるようにした方が面接の時の印象が良いとアドバイスされたようなので顔にかかる髪を全て眉が隠れるくらいのバングにして顔を出し表情が見えやすく少しでも元気で明るい印象に見え尚且つスタイリッシュさも感じれられるようにデザインさせていただきました。

                      あとは面接が上手くいく事を心より願います。どうもありがとうございました。


                       

                      | HAIR ITEM | 15:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/12PAGES | >>