CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
フォルムコントロールトリートメント
0


    トリートメントでフォルムコントロール。

    パーマではなく酸と熱で髪のうねりや広がり、パサつきを抑えるトリートメントになります。

    くせ毛+ダブルブリーチ+カラーという髪にこのトリートメントを施してみる。

    シャンプー後ドライした状態。手触りはそれほど悪くないが広がりとうねりがある。



    施術後ハンドドライのみ。良い感じに収まりとツヤが出たが色味が全て抜けた。

    ストレートパーマではないので真っすぐといった感じではなく馴染みがよく収まる感じ。



    折角なので抜けた色を入れてみる。
    ハンドドライのみ。トリートメント直後よりもややクセの戻りを感じるが広がりは感じられない。



    あとは手触りの持続性と収まりの良い状態がどの位続くのかデータを収集する。

    ストレートパーマのように真っ直ぐにはならないですが馴染む位にクセを収めたい方にはストレートパーマより低料金で髪のダメージがほぼ無く手触りも良くなるのでお勧めです。

    2か月ほど持続させるホームケアトリートメントが付いてきます。

    どうもありがとうございました。






     

    | HAIR ITEM | 22:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    ORGANIC NOTE STYLING BALM
    0


      絶賛大好評中のオーガニックノートスタイリングバーム。

      何といってもまず香りがとても良い。これで仕上げると皆さん「あ〜良い香り♡」とおっしゃいます。

      エッセンシャルオイル(精油)のみで香りづけされた香りは心地よいハーバル&フローラルの香り(ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、オレンジ油、オニサルビア油)

      植物由来の原料をベースに髪にもお肌にも使える「マルチバーム」

      シアバターやミツロウをベースにオーガニックオリーブ油・ホホバ油などの植物油を合わせ、お肌にも優しいバームになります。

      ヘアワックスとして・・・ツヤ感・束感の演出に、アレンジ前のベースワックスとして、パーマのウェット仕上げに

      リップバームとして・・・乾燥によるかさつきに、リップメイクの下地に

      ハンド・ボディバームとして・・・乾燥が気になる部分に、ネイルケアに

      このように多彩な使い方ができます。おすすめです。

      | HAIR ITEM | 15:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      オーガニックノートシャンプー スムース
      0


        去年の6月に新発売していたのですがまだご紹介していなかったので。

        オーガニックノートシャンプーに新バージョン。

        位置づけとしてはモイストとリボーニングの中間の位置づけになります。

        モイストではしっとりしすぎる、べたつく、重いと感じる髪質の方。

        リボーニングほどスカルプ系を求めていない、そこまでハリ、コシを求めていない髪質の方。

        そんな髪質の方にスムースシャンプーはお勧めです。

        選べる香りはモイスト同様6種類。

        優しくふんわり洗い上げ、さらさらしなやかな髪に。

        頭皮・髪を健やかに保つ成分ESPコンプレックスを配合し、軽やかな泡立ちで、髪と頭皮をふんわりと包みこみ、やさしく洗い上げます。

        さらさらとした指通りで、しなやかな髪へ導きます。

        スペシャルケア・・・ESPコンプレックス・フルボ酸・フラーレン・アロエベラ液汁・エルカラクトン・ヘマチン・ヒアロオリゴ®

        モイスト、リボーニング同様水分量を減らした高濃度シャンプーになりますので予洗いでしっかり頭皮を洗って頂き、少量で泡立ちます。

        私はその泡で体まで洗っています。

        自分にどのシャンプーが合っているか分からない方は髪質と頭皮を見させて頂きカウンセリングしてお勧めさせてもらいますのでお気軽にお尋ねください。




         

        | HAIR ITEM | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        ナチュラルハーブカラー レシピ
        0


          量はそんなにないけれどちらほらと出てきているグレイヘアを黒髪の明度を上げ尚且つ白髪をカバーするというテーマでモデルを使いデータを収集。

          ビフォアの写真忘れましたが新生毛1cm、月イチ8レベルのアルカリカラーでリタッチのみ、アンダーはRED少なめで明度が上がりやすいので、ひと月前にカラーリングした所は既に10レベル程になっており毛先は12〜14レベル位の完全に色味が抜けている状態。

          まず新生部を資生堂プリミエンスCL9でリフトアップ。新生部の明度は上がったが当然白髪は染まらない。



          ここからナチュラルハーブカラーで色味を被せていく。

          根元はライトベージュ14g、ブルー8g、クリア8gを塗布、続いて毛先ライトベージュ10g、ブルー4g、レッド1g、クリア25gを塗布。ラップを巻いて自然放置15分後根元を空気に触れるように起こしながらコームスルー7分。





          根元の白髪はしっかりカバーできたが想像より0.5トーン程暗めに仕上がったが色が抜けやすい髪質を考慮すると丁度良い位かな。色味は大体想像通りの寒色系。

          フェイスラインのストレートパーマをしているところは色味がやや濃く入った(すぐ抜けそうだけど)

          後は色の持ち、色の抜け具合と抜け方、手触りの変化、この辺りを経過観察して報告してもらう事になっている。


           

          | HAIR ITEM | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          ナチュラルハーブカラーを導入してからの経過
          0


            ナチュラルハーブカラーを導入して約4か月程経過しました。

            一カ月に一回白髪をカバーされる方は4回施術させてもらっている事になり、徐々にお客様の髪のデータが集まってきましたので感想を記したいと思います。

            結論から言いますとヘアカラーをしている時より髪がしなやかになり、髪の変なクセの動きや広がりが無くなった、根元の立ち上がり、ハリ、コシが出てきた、とスタイリストはもちろんのこと、お客様自身でも実感されておられます。

            だいたい3回目位から効果が顕著に表れてくるように思います。

            グレイカラーの方はある程度感覚が掴めてきました。

            あとはファッションカラーの細かい色味の感覚を掴んでいきたいと思います。

            お客様の髪の状態や髪質により色の出方が異なるのですが、おおまかな色の系統はだいたい掴めてきました。後は細かい色の調整などはなかなか難しいですが、こちらもデータを集めていき細かい色の調整もできるように色々とモデルや毛束を使い試していきたいと思います。

            しかしお客様自身も髪がキレイになって喜んで下さる姿を見ると、こちらも導入して良かったとすごく嬉しくなり、もっと精進し、さらに極めていこうと思わせて頂いておりますのでよろしくお願い致します。

            | HAIR ITEM | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            頭皮のスキンケア オーガニックノート「サポートゲル」
            0


              顔は化粧水などでスキンケアをする方は多いと思いますが頭皮のスキンケアをされている方は少ないのではないのでしょうか。

              顔面と同じ皮で繋がっているのに頭皮をケアしないのはナンセンス。

              という事でヒアルロン酸が頭皮と髪の潤いを閉じ込め、保水膜となり潤いをキープ。べたつかずふんわり仕上げる頭皮のスキンケア商品がこちらになります。

              オーガニックノート「サポートゲル」



              ヒアルロン酸は水分を抱え込む性質があり水分を保持し水分の蒸発を防ぐことができると言われています。

              使用した感じでは高分子タイプのヒアルロン酸のようなので奥まで浸透せず、表面の保湿能力に長け長時間にわたり根元から髪を立ち上げふんわり保水してくれます。

              根元の自然な立ち上がりが欲しい方や頭皮のスキンケアをお探しの方、頭皮が乾燥してると感じる方におすすめの商品となっております。

              | HAIR ITEM | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              ライトブラウン、ライトベージュの結果と考察
              0

                 


                やはり画像や紙の色とは色味が異なるのでNハーブカラーのライトブラウン、ライトベージュの実際の色味を知りたくて白い毛束に染めてみた。

                 


                向って左の毛束がライトベージュ、右の毛束がライトブラウンになります。
                 

                 

                 


                メーカーの資料の色味とは明らかに異なりペール系の薄い色味という結果となった。

                 


                実際はこの画像よりもライトベージュがグレーシルバー系の色味、ライトブラウンがゴールド系の色味。

                 


                人により発色の違いがありますがこの薄さだと白髪の多い人には綺麗な薄いペール系の色が入ると推測します。

                 


                しかし白髪の割合が少ない人だとこの色味の薄さならどうしても黒髪との対比で染まっていなく感じる可能性がある。

                しっかり白髪が染まってほしい方はブラウン系、ダークブラウン系、ベージュ系、ダークベージュ系かライトナーで黒髪をリフトアップ後にライト系またはニュアンスカラーとのミックスが良さそう。

                とりあえずライト系の色味が見たかったのでブラウンとベージュですが、ニュアンスカラーとブラウンの対比、ベージュの対比、クリアの対比とまだまだ知りたい事があるので毛束で試していきたいと思う。

                う〜ん奥が深いけど楽しい。

                 

                 

                 

                | HAIR ITEM | 09:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                ナチュラルハーブカラー ベージュとダークブラウンMIX
                0

                   

                  ナチュラルハーブカラーのベージュとダークブラウンをMIX

                   

                  グレイも綺麗に染まり艷、ハリ、コシUPました。

                   

                  | HAIR ITEM | 14:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  オーガニックノートという商品
                  0

                    当店で取扱いさせて頂いているオーガニックノートという商品。
                     

                    先日社長さんとお話をさせて頂く機会があり、社長さんの想いや商品作りのこだわりにとても共感しました。

                    お客様にはもちろんのこと、ヘアサロンを経営されている方にもおすすめの商品になります。

                    少し長くなりますが資料を見ながらその理由を書いていきたいと思います。

                    厳選されたサロンでしか出会えないこだわりのヘアケア「ORGANIC NOTE」全国のヘアサロンの要望を取り入れ美容師の創ったルールとシステムに基づき完成した完全登録制ヘアケアシリーズです。



                    6つのこだわりがあるようなので1つずつ紹介していきたいと思います。


                    まずは安全性へのこだわり・・・社長自身が石鹸系界面活性剤で肌が反応しアトピーに悩まされていたという事のようで安全性の高いものを提供したいと、髪と肌に低刺激な処方で、すべての商品に抗炎症作用のあるオーガニックエキスを配合し、肌を守り頭皮環境を整えます。主力のシャンプー剤は、脱脂力の高い洗浄成分は使用せず、全身洗えながらも乾燥から守れる機能を持ったアミノ酸界面活性剤をベースに製造。


                    次に高品質へのこだわり・・・結果のわかる高品質なものを提供したいという事で流通コストや広告宣伝費を削減する事により、高価な原料やケミカル原料を惜しみなく配合し、修復力の向上や抗酸化作用、パーマやカラーなどの薬剤をリセットし、ヘアデザインの再現性を高めます。
                    これは使っておられる方は分かると思うのですが、シャンプー剤がすごくドロっとしていて濃縮されています。高品質の成分をふんだんに使い、水の分量を極力減らした結果でごく少量で優れた泡立ちをしてくれシャンプーの泡をしばらく放置するとアミノ酸が髪の内部にまで浸透する作りとなっております。


                    香りへのこだわり・・・香りを選べてオススメしやすいものを提供したい、香りから飽きがきやすいというお客様からもよく聞く声で、その一般心理をつかみとり、同じ質感で選べる香りを実現。高級なエッセンシャルオイルを凝縮させているシャンプーでお客様の好みの香りで施術し、お客様の満足度向上に貢献するということで今の所ベーシックな香り6種類とローズ、リボーニングラインに無香料(ラベンダー)が展開されております。
                    香りについてはお客様からこんな香りが良いというのがあればメーカーの方にも伝えさせて頂くのでどんどんおっしゃって下さい。
                    今の所、一度購入されると次も同じ香りを購入されるお客様が7割ほどいらっしゃるので、気に入った香りであれば使い続けるという一般心理とは逆の結果が出ており、香りから飽きやすいというのはどういう事なのか掘り下げて調べてみたいと思うほど興味深い所であります。



                    流通へのこだわり・・・ヘアサロンの悩みとしてはヘアサロンで売っている商品をインターネットで安く購入できるという事です。これは悪い事だとは思わないのですが必然的にお店の商品は売れなくなってきます。私自身もインターネットの方が安いのでインターネット上で安く売られているものはそちらを勧めます。だからお店側としてはここのお店でしか手に入らない特別な商品、インターネット上に出回らない商品をお客様に提供したいという思いがあります。
                    オーガニックノートの商品もたまにメルカリで見かけたりするのですが値下げはされていない模様でSOLDOUTばかりです。
                    しかしそれらの商品は会社自体が全て買い取るようです。インターネット監視部隊も社内に常駐し、「インターネットで売られている」と取扱店からの報告もあるようです。ロット番号があるので流通経路はすぐに分かるようです。宣伝広告費をかけないが宣伝広告費と思って買い取っているとおっしゃっていました。
                    こういう所に会社としての信頼や信用が生まれると思っています。



                    登録制へのこだわり・・・プライベートブランドのように厳選されたブランドを提供したいという思いから登録できる軒数を絞り、ブランド価値を高めるとともに、登録店の意見を吸い上げ新たな商品開発をしていくという循環をつくる。
                    登録できる軒数は全国の美容室のうち4%のみなのでヘアサロンの方は仕入れる仕入れないに関わらず一度連絡を取り話を聞く事をオススメします。→https://www.dresspoint.co.jp/index.html




                     

                    価格へのこだわり・・・これは先に述べたとおり流通コストの削減・製造調整などにより高品質な商品を低価格で販売できるシステムになっております。
                    以上になるのですが、毛髪というのは千差万別なので全ての方にこのシャンプーが合うとは限りません。
                    私が思うに乾燥してしっとりさせたい方はモイスト、脂性の方やハリコシの欲しい方はリボーニングがオススメです。

                     


                     
                    長々とありがとうございましたm(__)m
                    | HAIR ITEM | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    明度をコントロールできる脱色剤
                    0

                       


                      以前に書いたナチュラルハーブカラー時、明るくカラーリングしたいお客様は黒髪を明るくするのに明度をコントロールできる脱色剤があると教えてもらい(その商品は取引しているディーラーでは取り扱っていなく)探してもらった所、資生堂から発売されているという事でサンプルを頂戴いたしました。

                      こちらのカラー剤は脱色剤なのに7レベル、9レベル、11レベル、13レベルと明度がコントロールできるという脱色剤。

                      脱色剤なので表示成分を見る限りジアミンは使われておりません。

                       

                      この脱色剤を根元ギリギリから全体に明度を上げて、明度を上げてからナチュラルハーブカラーの色の三原色を混ぜ色を作り上から被せると明度を上げて色も入り、根元の立ち上がり、髪のハリ、コシ、艷が出るのではないだろうかと考えている所。

                      普通のカラー剤を使い明るくして色味を入れるという工程を一回でやってしまう方がお客様の年齢や髪質、頭皮の状態などによっては簡単、早い、安いで良いのだが、よりお客様の髪や頭皮の事を考えると脱色剤+ナチュラルハーブカラーで施術した方が美しさを保つ為には断然良いように思う。しかしデメリットはダブルカラーになるので時間がかかりコストが嵩む、が、本当の美しさとは時間と手間をかけるものだとも思う。

                       

                      カラー+トリートメントを毎回施術させていただいているお客様は同じ感覚で一度お試しされても良いと思います。


                      私自身はこだわりを持って仕事をしたいので後者の方がオススメなのですが、前者が悪と言っている訳ではございませんので悪しからず。

                       

                       

                      | HAIR ITEM | 09:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/10PAGES | >>