CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
Day 6
0


    6日目。

    いよいよ帰国日。

    この日も空港までカイ君とレイニーの母親が送ってくれる事に。

    本当に親切で何から何までお世話になりました。

    この日もまだ体調が戻らなかったので写真ありません。

     

    まぁ空港で昼食食べて飛行機に乗っただけですが。

     

    なので今回の旅行で買った3つの商品を。

     

    最近はインターネットばかりで買い物しているのですが、ショップの人の接客を受けて実物を見て触れて試着して買う事も楽しい感じでプライスレス。

     

    前の記事でも述べましたが履いていた靴が壊れたので、スニーカーを買おうと入ったお店で買いました。

     

    なんか懐かしい気持ちになったので昔履き潰したスニーカーを買う事に。

     

    ナイキのエアフォース機シンプルイズベストという言葉が最も似合うスニーカーだと思っています。

     

    20年ぶりに買ってみましたが相変わらず軽くて履きやすいです。

     

     

    次に以前の記事にも書いたグッドチョイスの偏光レンズのサングラス。

     

     

    ラストは目が白くなる目薬。帰国後目に一滴垂らしてみましたがしばらくすると白目の所の濁りが取れて白くなります。

     

    これは20年近く前アメリカ土産と言って友人の家にあった目薬。

     

    その時は怪しそうなので私は使わなかったのですが、友人の白目が真っ白になった衝撃を受けてあれから20年、ここまでロングセラーになっているのなら大丈夫だろうと思い購入。

     

     

    以上が今回の旅行記になります。長々と綴りましたがお付き合い下さりありがとうございました。

     

    また長期間お休みを頂いた事も重ねて御礼申し上げます。

     

    おかげ様で思い出に残る良い旅になりました。

     

    体調不良も次の日一日寝たらすっかり治りました。

    | TRIP | 21:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    Day 5
    0


      5日目。

      この日は朝からハイキング。

      一緒に行っていた方の親戚のレイニーとその彼氏のカイ君が車で連れて行ってくれる事に。なんて親切なんだ。

      出発時は雨が降っていたが到着する頃には雨も上がり晴れ間はないが心地よい気候に。

      この頂きを目指す。




      所要時間30分位の比較的軽めのハイキングで稜線を歩くのが気持ち良い。



      頂きには監視台らしきものがある。



      その上に登ったりぶら下がったり映え画像を撮る。という場所。



      大人しくかっこいい犬も登ってきてました。



      その上に登り足元に違和感を感じ、ふと靴を見ると予想していた通りに靴のソールが剥がれた。スニーカーを買っておいて正解☮



      晴れ間は無いけどこれはこれで神々しい。



      少し休憩して降りる途中ビキニ登山ガール数名とすれ違った。

       

      ビキニで山?まぁこれ位の山なら問題は無さそうだが・・・。

      下山後、昼食。パンケーキ、エッグベネディクトが食べたいというリクエストを聞きカイ君が連れて行ってくれた鳩がテラス席のテーブルの上の残飯を漁りその鳩を網を持って撃退する恰幅のよいおばさんとのコントのような攻防が見れるマニアックなカフェ。

      ここも人気店なのか結構混雑していたがすぐにテラス席へ通してくれた。



      エッグベネディクト、パンケーキ数種類、シナモンロールを食べ、コーヒーがおかわり自由なので数杯いただきお店を後に海へ行くことに。

      到着後なかなかの寒さで海に入るのはかなり憚られたのですが入水。

      ここで失敗。やはり自分が躊躇うような事はするものではない。

      もちろんドライヤーなどないので、髪が長いのが災いになり、帰りの車の中で濡れた髪で寒さMAXと軽い頭痛。

      その後少し休憩してハンバーガーを食べに行き花火を見るも体は動くが意識が朦朧として記憶と写真が無い。

      明日は帰国日、身体を温めて早めに就寝。

      という5日目。





       

      | TRIP | 13:15 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      Day 4
      0


        4日目。

        この日はレンタカーを借りてパールハーバーへ。

        Mustangのオープンカーでベタベタな観光客気分を味わう。



        風が心地よくパールハーバーに到着。と思いきやかなり厳重な検問のようなものに引っ掛かる。

        ポリスではなく、サブマシンガンをぶら下げたSWAT系の人にパスポートを見せろと言われる。

        英語なので何を言っているかはよく分からないがどうやら道を間違えたらしい。その先には軍事施設でもあったのかな?


        まずパールハーバーでは手荷物を預けなければいけないのだが、前にいた人が手荷物を持って入ろうとすると手荷物は預けるようにと言われていて、同じ位の大きさの手荷物を持っていた私は預けないといけないかなぁと思いダメ元でカバンを指し「OK?」と聞くと「OK!」と、何故?と思ったが米軍でも使われているミステリーランチのタグを指差したのが良かったのかなと思いつつ、潜水艦の中に入りその後併設されている博物館へ。



        潜水艦の中はかなり狭く閉所恐怖症の人は厳しい感じでしたが潜水艦に入る経験はなかなか出来ないので良い経験になりました。

         

        次に真珠湾攻撃当時のビデオを見てボートでアリゾナ記念館をグルッと回るツアーに参加。

         

        ビデオを見る前の係員の話やビデオ上映中には、すすり泣く音があちらこちらから聞こえてくる。

         

        なかなかヘビーな感じでしたが、改めて平和が一番だと思う事ができました。

         

         

        そのヘビーな気持ちを引きずりながら、一緒に居た人が日本で留守番している奥さんにバッグを買って帰るという事で女性陣が行っているというアウトレットへGO。

         

        ここのアウトレット、半額の値札からさらに半額になりビックリする位安かった。

         

        私は何も買えませんでしたが買い物好きの女性陣はなかなかの量を購入。

         

        商品によるのでしょうがそれでも目に付いたもの全て安く感じました。

         

        話は変わりますがオープンカーって緑のある道を走っている時は気持ち良いですが、渋滞している街中を走ると空気が悪く結構キツかったです。

         

        オープンカーのリアシートは直射日光が半端なく、ヒリヒリとかなり日焼け、という事で持参していたオーガニックノートのスキンウォーターを繰り返したっぷり顔面に振ると優雅な香りのフランス産センチフォリアバラ花水が、アロマ効果と共にお肌に潤いを与え、ヒリヒリ感が無くなりましたという宣伝を挟んでおきます。

         


         

        オープンカーならではの屋根が無く空まで見える景色。建築物が好きな私は日本ではあまり見かけないような奇抜さを競っているような不思議なデザインのビルが多く楽しかったです。

         

        カメラのバッテリーが無くなり2つしか撮れなかったのが心残り。

         

         

        夕方、スーパーでビール、ワイン、チーズ、クラッカー、ピクルスを買い、ホテルに戻り部屋飲みという4日目でした。

         

         

         

        | TRIP | 16:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
        Day 3
        0


          3日目。

          この日はバスをチャーターしてドライブしながら要所を巡る。

          運転手さんのマイク越しに伝わるラジオDJのようなVOICEとバスの揺れが心地よくウトウトしながらドライブ。



          まずはウォールアート。

          ここは日本人夫婦がトイレで薬物中毒者にボコボコにされたという事件がテレビでやっていたらしいというやや危険な場所。

          確かに殺風景な場所で工場が多く、あまり人の気配がなく工業地帯独特のヤバサがあった。





          次はカメハメハ大王像。



          次はドールプランテーションでトイレ休憩を兼ねて見学。

          このロゴ見たことありますね。



          トイレ休憩もほどほどにノースショアという所へ向かいランチタイム。

          ノースショアという所はサーフィンする人にとっては有名な場所のようですね。

          ハエに集られながら青空の下ガーリックシュリンプというB級グルメを頂きました。

          美味しいですが、味が濃いのでたくさん食べると飽きますね。



          次はショッピングモールのような所へ立ち寄り、かき氷を食べに。

          今振り返って改めて思い返してみるとギュウギュウに詰まったツアースケジュールで笑えてきた。





          時間に追われるように次はウミガメを見に行く事に。

           

          ここで余談だがサングラスを買う時に店員さんがグイグイ色々なタイプのサングラスを次はコレ、次はコレと勧めてくるのだが、最後に切り札のように出してきた偏光レンズのサングラス。それを購入する際にグッドチョイスと言われたのだが、この偏光レンズというのが海の乱反射を抑えウミガメを見るのにすごく役に立ち正にグッドチョイス。

           

          海岸まで出る時の芝生の広場が風が心地よく暫く過ごしていたかった場所だった。

           

          写真ではあまり伝わらないですが海は波が結構高いのでサーフィンする人には最適なのでしょうね。

           

           

          ウミガメも早々に次はターゲットという所でショッピング。

           

          ここはトイザラスとコストコとイケアとアヤハディオが混ざったような場所。

           

          アメリカでは施設内であっても子供は必ず大人と一緒に居なければならず子供だけでウロウロしていると保護されるらしい。

           

           

          最後にディナー。

           

          ここのお店は予約を取れず先着順で、しかも山の中にあり、知らないと絶対行けないようなお店なのにとても混むらしく16:30に入店。

           

          ここのレストランも窓が無くオープンで山を見ながらの雰囲気の良いディナー。

           

           

          ここで驚いたのは見たこと無い位の突出した大きな肉。

           

          一人前でこの丸太のようなデカさは笑える。しかも安くて旨い。

           

          店員さんが勧めてくれた重めのストロングという赤ワインとの相性が抜群。

           

           

          食を勧めていくうちにどんどんと満席に。立ち飲みをしながら待つ人の姿も。

           

          京都にもこんなお店あったらいいなぁ〜と思いながら。

           

          お腹も膨れ帰りのバスで子供たちの歌を聞きながら、なんか昭和的な懐かしい感じで涙腺崩壊しかけた所でホテルへ到着、そこから部屋飲みというパンパンで濃密な3日目。

           

          | TRIP | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
          Day 2
          0


            前日にアルコールを摂取しすぎたからなのか、時差ボケだからなのか、朝はゆっくり起床しコーヒーを淹れて優雅に過ごしてから昼前くらいにホテルのプールへ。

            プールに入ってみるが水の冷たいこと冷たいこと唇が紫になるくらいの寒さ。なので10m位泳いで即上がり太陽を浴びながらプールサイドでのんびり過ごす。

            この時季は普通に過ごす分には丁度良い気候だが水に入るには寒い。平気な顔してプールに入っている人達が不思議でしょうがなかった。

             

            少しリゾートらしい過ごし方をしてから昼過ぎにJCBカードを見せると無料で乗車できるバスで街の方へ行くことに。

             

             

            10〜15分程で到着すると何手かに分かれショッピング。

            行きの飛行機で10年選手の靴が壊れてきていたのでとりあえずスニーカーと紫外線から目を守る為のサングラスを購入。

             

            その後は街をブラブラしているとテスラを見つけたのでウィンドウ越しにサラッと撮ってみた。

             

             

            実際に走っているのをまだ見たことないですが近未来的でとてもかっこいい車でした。

             

            同じモールに入っているナショジオのギャラリーは最高に良かったです。

             

             

            テンション上がりまくりこのモール内でサングラス購入しました。

             

            あとはビーチを少し散歩。

             

             

            そうこうしている内に夕食の時間。

             

            この日の夕食は一緒に行っていた方の親戚の彼氏がバイトをしているというお店でいただくことに。

             

            ビーチからの風が心地よいオープンなとても良いレストランでした。

             

             

            サンセットを見ながらのディナーは贅沢な時間でした。

             

             

            しかもここのお代はここでバイトをしてクーポンのようなものを貯めていたというカイ君という上の写真右のナイスガイが支払ってくれるという事に。

             

            けっこうフルスロットルで野菜、肉、魚ガッツリ食べたし、ビールからワインボトルも結構飲んだけど・・・、総勢20人位いてますけど・・・、払うといっても受け取らないのでお言葉に甘える事に。どうもごちそうさまでしたm(__)m

             

            あとはホテルに戻って部屋飲みしながらまったり過ごした二日目。

             

             

            | TRIP | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
            First Day 続き
            0


              時間は巻戻りその日の昼頃空港へ到着すると入国手続き、ここは子連れだと並ばずに専用の場所から通してもらえた。

              ここで一つ、渡航前にESTA申請というのをするのですが、ESTA申請する際は公式のサイトから申請される事をオススメします。公式っぽく巧妙に似せている代行サイトには注意が必要です(ちゃんと申請はしてくれるらしいので詐欺ではないようですが代行手数料というのが余分にかかります)

              そこからタクシー2台に分かれホテルへ。

              タクシーの運転手に「そのホテルのどこの棟?」って聞かれたが「何棟」というのは知らされてなかったのでスマホでやりとりしてるのも時間の無駄に感じたのでまぁとりあえずホテル周辺まで行けばなんとかなるだろうと適当に降りてから先発組に連絡を取り棟を聞いてリゾート感満載のロビーに到着。



              まだ昼過ぎ、チェックインが16:00。

              なのでプールで遊んでいる主の居ない先発組の部屋でホッと一息、とりあえずチェックインまで待たしてもらうことに。

              そうこうしてる間にチェックイン。

              カウンターキッチンで大きな窓が解放感のあるコンドミニアム。とても良い部屋でした〜。



              この光景を見ると日本の高層マンション群(知らんけど)のベランダと変わらないように見えますが何せ気候が最高なのとベランダから目をやるとリゾートムードが漂っているのが気をほぐしてくれる。



              ので取り敢えずベランダにやってくる鳥を見ながらまったりとビールを飲みながらサンセット。







              少し休憩してルームパーティーをするというのでそこの部屋へ。

              老若男女合わせ総勢20名ほどいたので流石に手狭なスペースで密集したパーティー。

              とりあえずステーキを焼いてもらったのだがこれが安くて旨い。

              換気扇のありかが当初は分からず2,3回警報機を鳴らしてしまったのと廊下に漂う肉の焼ける匂いと煙の匂いは流石に申し訳なかった。(換気扇見つけてからは警報機も匂い漏れも全く問題なかったです)しかしレンジと一体型になっている換気扇は流石に日本では見かけないのでこれは分からない。



              そこで何時間か過ごしアルコールも結構入ったので行ける人だけで夜の街へ繰り出してみる事に。



              これはレンタカーっぽいけど何か不思議なよく分からない乗り物。



              海外の飲み屋のレートなどが全く不明な為お会計が不安になりドキドキしましたが、1月3日にドル/円で800万円強制ロスカットされたばかりという豪快なのか繊細なのか分からないこの日初対面のトレーダーの方が何故か支払ってくれる事に。それでも金額を聞くと自分が想像していたより高額でビビった。

              どうもごちそうさまでした。



              ゆっくりまったりリゾートを過ごしに来た初日はこんな感じでかなり濃密な一日でした。

              | TRIP | 13:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
              First Day
              0


                記憶を辿りながら一日目。

                夕方18:30のはるかに乗車。

                人身事故により新大阪で停車。発車時刻未定とアナウンス。お急ぎの方は新大阪から環状線で難波→ラピートで関空までとの事。電車に飛び込むのはやめてほしいと心から思いました(飛び込んだのかどうかは知らんけど)

                軽装になりリラックスモードだったのに出鼻を挫かれ、再度冬支度をして気を引き締め雑踏の中、団体行動+子供連れ+大荷物を持ちエスカレーターあり階段ありの大移動、辛すぎる。



                こういうタイトな時刻の緊急時、エレベーターを探す時間も無く、階段、エスカレーターの昇り降り、スーツケースよりザックの方が身軽でスムーズに移動ができ、両手も空くのでやはりザックが重宝する。

                ラピートに乗る事なんて滅多にないので乗れることに喜ぼうと気持ちを切り替えポジティブシンキング。




                キン肉マンラバーとしては、ロビンマスクとウォーズマンが融合したようなこのフォルムには激萌え。



                しかし関空に到着したのは予定より60分程オーバー、一人のWIFIの受取時間10分前。

                急いでWIFIを受け取りに行き荷物を預けほっと一息。

                さぁ腹ごしらえと思い店を探すが関空への到着が遅れたので空いているお店が少ない。

                どうしても最後に日本らしい食べ物が食べたく、L.O22時のそば・うどん屋さんにギリギリ入れ、かすうどん&いなり寿司のセットを食べ、思い残すことは無くなったので23:40のフライトで空の旅へ。

                機内では特に何事もなくリラックスして過ごす事ができました。

                しかしキャビンアテンダントの立ち居振る舞いはいつ見ても美しいので見惚れてしまいます。たまにワゴンを押しながらガンガンぶつかってくるメッチャ雑な方もおられますが。

                ところで知らなかったのですがキャビンアテンダントという呼称は和製英語のようです。英語ではフライトアテンダントと言うようです。

                そういえば昔はスチュワーデスと言っていたがいつの頃からか聞かなくなりましたね。



                話が脱線ばかりして記憶を辿るのが疲れてきたので今日のところはこれくらいにしておきます。

                | TRIP | 11:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                イタリアの歯磨き粉
                0

                  ふと思い出したイタリアの歯磨き粉の話。

                  以前旅行でイタリアへ行った時に歯磨き粉を買おう思いそこらで適当に歯磨き粉を購入。

                  早速歯ブラシに歯磨き粉を付けて歯を磨く。

                  へぇ〜国が違えば歯磨き粉の味も違うのかぁ〜と文化の違いを感じました。

                  次の朝も同じ様に歯ブラシに歯磨き粉を乗せて歯を磨く。


                  う〜んそれにしてもなんか違和感がある。




                  よーく裏を読むと








                  「シェービングジェル」







                  海外での歯磨き粉の購入は裏をしっかり読んで確かめましょう。
                  | TRIP | 11:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                  丹後半島へ
                  0
                    その後丹後半島へ。京都縦貫道で沓掛〜与謝宮津まで。

                    この縦貫道は園部から片側一車線なので混む時は結構渋滞しそう。

                    渋滞してるともしかしたら下道の方が早いかも。

                    と思いながら丹後半島の北西夕日ヶ浦へ。

                    ここの海水浴場は波があるらしく、サーフィンをしてる人もチラホラ。

                    なので海水浴には不向きなくらい波が高かった。




                    それでも海へ来たので子供を浮き輪に入れ私は水中メガネだけで浮き輪で波乗りをさせて遊ぶ。

                    ちょっと沖へ出て(でも私の足は届くところ)浮き輪で波に乗り浜へ。とこれを繰り返していた。

                    丁度波と浜の境目、子供の足が届くところが一番面白い。

                    その場所に来ると必ず子供が波に飲まれ海水が穴という穴から大量に入り嗚咽。

                    手を放すと一気に波にさらわれていくだろう。

                    二才児には少々過酷だったか?

                    ちょっと曇っていて寒かったので一時間程入って後は砂浜で体を乾かしながら遊ぶ。




                    何故か最近「ナルト」と言いながらナルトの走り方を真似する。(ナルトとは忍者のアニメ)

                    歩いてすぐの宿に入り夕食。刺身、鮑、ステーキ、などなど食べきるのに苦労する位次々と出てくる。

                    帰ってきたら体重が3kg増えていた。

                    次の日は城崎マリンワールドへ。

                    一番見応えがあったのがセイウチ。セイウチでかすぎた。まるで怪獣。

                    けど一番見たい海の生物は、武器を持った人間以外に天敵がいない

                    英名「殺し屋クジラ」学名「冥界よりの魔物」

                    と言われるシャチ。

                    調べると名古屋の水族館にいるそうなので、また今度行こう。

                    という感じの旅。

                    車のナビが潰れているので、地図を片手にウロウロとドライブ。

                    ナビで案内されるより地図を見て動く方が自分が

                    何処にいて何処に向かうにはどの道が良いかというのが良く分かり

                    場所を把握しやすい事に気づく。

                    ので、この道を通りここへ向かおうと考えながら車を走らせ

                    山を越えてみたりと楽しんでドライブができた。

                    そうすると運転しがいのある新しい車が欲しくなってきた。

                    ので車買う為に働いてお金を貯めようと思う。



                    宿から見えた瓦の屋根の並び方がなんか不思議だったので。



                     
                    | TRIP | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                    リラックスタイム
                    0
                      沖縄ではリラックスして、朝はマンゴーをかじりながら宿でゆるりと過ごし、昼間は友人ファミリーと夕方までシュノーケリング。そして夜はフレッシュミート我那覇のアグー豚と月と器の鮮度抜群の合鴨でBBQ。すごく良い一時を過ごせました。こうしてお休みを頂きリラックスした素晴らしい時を過ごせるのもお客さまのお陰だと思い心より感謝しております。ありがとうございます。また日々、足るを知りつつ、焦らず時の流れに身を任せつつ、自分自身を高みに追い込む為に新たな事にチャレンジしていきたいと思いますのでこれからも宜しくお願い致します。
                      | TRIP | 10:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
                      | 1/8PAGES | >>