CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< チャイナショックか? | main | ブルーブラックという色について >>
丹後半島へ
0
    その後丹後半島へ。京都縦貫道で沓掛〜与謝宮津まで。

    この縦貫道は園部から片側一車線なので混む時は結構渋滞しそう。

    渋滞してるともしかしたら下道の方が早いかも。

    と思いながら丹後半島の北西夕日ヶ浦へ。

    ここの海水浴場は波があるらしく、サーフィンをしてる人もチラホラ。

    なので海水浴には不向きなくらい波が高かった。




    それでも海へ来たので子供を浮き輪に入れ私は水中メガネだけで浮き輪で波乗りをさせて遊ぶ。

    ちょっと沖へ出て(でも私の足は届くところ)浮き輪で波に乗り浜へ。とこれを繰り返していた。

    丁度波と浜の境目、子供の足が届くところが一番面白い。

    その場所に来ると必ず子供が波に飲まれ海水が穴という穴から大量に入り嗚咽。

    手を放すと一気に波にさらわれていくだろう。

    二才児には少々過酷だったか?

    ちょっと曇っていて寒かったので一時間程入って後は砂浜で体を乾かしながら遊ぶ。




    何故か最近「ナルト」と言いながらナルトの走り方を真似する。(ナルトとは忍者のアニメ)

    歩いてすぐの宿に入り夕食。刺身、鮑、ステーキ、などなど食べきるのに苦労する位次々と出てくる。

    帰ってきたら体重が3kg増えていた。

    次の日は城崎マリンワールドへ。

    一番見応えがあったのがセイウチ。セイウチでかすぎた。まるで怪獣。

    けど一番見たい海の生物は、武器を持った人間以外に天敵がいない

    英名「殺し屋クジラ」学名「冥界よりの魔物」

    と言われるシャチ。

    調べると名古屋の水族館にいるそうなので、また今度行こう。

    という感じの旅。

    車のナビが潰れているので、地図を片手にウロウロとドライブ。

    ナビで案内されるより地図を見て動く方が自分が

    何処にいて何処に向かうにはどの道が良いかというのが良く分かり

    場所を把握しやすい事に気づく。

    ので、この道を通りここへ向かおうと考えながら車を走らせ

    山を越えてみたりと楽しんでドライブができた。

    そうすると運転しがいのある新しい車が欲しくなってきた。

    ので車買う為に働いてお金を貯めようと思う。



    宿から見えた瓦の屋根の並び方がなんか不思議だったので。



     
    | TRIP | 13:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/1762
    トラックバック