CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 明度をコントロールできる脱色剤 | main | ライトナーとナチュラルハーブカラーでダブルカラーを試してみた >>
オーガニックノートという商品
0

    当店で取扱いさせて頂いているオーガニックノートという商品。
     

    先日社長さんとお話をさせて頂く機会があり、社長さんの想いや商品作りのこだわりにとても共感しました。

    お客様にはもちろんのこと、ヘアサロンを経営されている方にもおすすめの商品になります。

    少し長くなりますが資料を見ながらその理由を書いていきたいと思います。

    厳選されたサロンでしか出会えないこだわりのヘアケア「ORGANIC NOTE」全国のヘアサロンの要望を取り入れ美容師の創ったルールとシステムに基づき完成した完全登録制ヘアケアシリーズです。



    6つのこだわりがあるようなので1つずつ紹介していきたいと思います。


    まずは安全性へのこだわり・・・社長自身が石鹸系界面活性剤で肌が反応しアトピーに悩まされていたという事のようで安全性の高いものを提供したいと、髪と肌に低刺激な処方で、すべての商品に抗炎症作用のあるオーガニックエキスを配合し、肌を守り頭皮環境を整えます。主力のシャンプー剤は、脱脂力の高い洗浄成分は使用せず、全身洗えながらも乾燥から守れる機能を持ったアミノ酸界面活性剤をベースに製造。


    次に高品質へのこだわり・・・結果のわかる高品質なものを提供したいという事で流通コストや広告宣伝費を削減する事により、高価な原料やケミカル原料を惜しみなく配合し、修復力の向上や抗酸化作用、パーマやカラーなどの薬剤をリセットし、ヘアデザインの再現性を高めます。
    これは使っておられる方は分かると思うのですが、シャンプー剤がすごくドロっとしていて濃縮されています。高品質の成分をふんだんに使い、水の分量を極力減らした結果でごく少量で優れた泡立ちをしてくれシャンプーの泡をしばらく放置するとアミノ酸が髪の内部にまで浸透する作りとなっております。


    香りへのこだわり・・・香りを選べてオススメしやすいものを提供したい、香りから飽きがきやすいというお客様からもよく聞く声で、その一般心理をつかみとり、同じ質感で選べる香りを実現。高級なエッセンシャルオイルを凝縮させているシャンプーでお客様の好みの香りで施術し、お客様の満足度向上に貢献するということで今の所ベーシックな香り6種類とローズ、リボーニングラインに無香料(ラベンダー)が展開されております。
    香りについてはお客様からこんな香りが良いというのがあればメーカーの方にも伝えさせて頂くのでどんどんおっしゃって下さい。
    今の所、一度購入されると次も同じ香りを購入されるお客様が7割ほどいらっしゃるので、気に入った香りであれば使い続けるという一般心理とは逆の結果が出ており、香りから飽きやすいというのはどういう事なのか掘り下げて調べてみたいと思うほど興味深い所であります。



    流通へのこだわり・・・ヘアサロンの悩みとしてはヘアサロンで売っている商品をインターネットで安く購入できるという事です。これは悪い事だとは思わないのですが必然的にお店の商品は売れなくなってきます。私自身もインターネットの方が安いのでインターネット上で安く売られているものはそちらを勧めます。だからお店側としてはここのお店でしか手に入らない特別な商品、インターネット上に出回らない商品をお客様に提供したいという思いがあります。
    オーガニックノートの商品もたまにメルカリで見かけたりするのですが値下げはされていない模様でSOLDOUTばかりです。
    しかしそれらの商品は会社自体が全て買い取るようです。インターネット監視部隊も社内に常駐し、「インターネットで売られている」と取扱店からの報告もあるようです。ロット番号があるので流通経路はすぐに分かるようです。宣伝広告費をかけないが宣伝広告費と思って買い取っているとおっしゃっていました。
    こういう所に会社としての信頼や信用が生まれると思っています。



    登録制へのこだわり・・・プライベートブランドのように厳選されたブランドを提供したいという思いから登録できる軒数を絞り、ブランド価値を高めるとともに、登録店の意見を吸い上げ新たな商品開発をしていくという循環をつくる。
    登録できる軒数は全国の美容室のうち4%のみなのでヘアサロンの方は仕入れる仕入れないに関わらず一度連絡を取り話を聞く事をオススメします。→https://www.dresspoint.co.jp/index.html




     

    価格へのこだわり・・・これは先に述べたとおり流通コストの削減・製造調整などにより高品質な商品を低価格で販売できるシステムになっております。
    以上になるのですが、毛髪というのは千差万別なので全ての方にこのシャンプーが合うとは限りません。
    私が思うに乾燥してしっとりさせたい方はモイスト、脂性の方やハリコシの欲しい方はリボーニングがオススメです。

     


     
    長々とありがとうございましたm(__)m
    | HAIR ITEM | 10:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2602
    トラックバック