CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< オーガニックノートという商品 | main | 石清水八幡宮 >>
ライトナーとナチュラルハーブカラーでダブルカラーを試してみた
0

    ノンジアミンのライトナーでリフトアップしてナチュラルハーブカラーで色を上から被せてみた。

    根元リタッチ1.5〜2cm。


    中間は8~10レベル、毛先はブリーチ毛が残り13レベル



    根元を7レベルのライトナーでリタッチ。13レベルの明度も見たかったので中間〜毛先を13レベルのライトナーで全体の30%位を毛先に明るさが溜まる様にスライシング+ウィービング、ナチュラルハーブカラーの手触りや質感を見る為に前処理なし。

    リフトアップ後、ウェットの状態で塗布でも良かったがライトナーの明度が知りたかったのでドライ。7レベルでも色味が入らない分思ったより明度は高め。



    中間〜毛先のスライシング+ウィービングも計算通りに毛先に明るさが溜まったが毛先のブリーチ毛はガシガシとした引っ掛かりがある。



    黄味を消したいのでナチュラルハーブカラーのブルーにレッドを少量混ぜブルー寄りの紫をクリアで薄めて塗布。

    結果はマット系ブラウン。概ね狙った系統の色が出たがレッドをもう少し多くしてマット味を消すとより自分の狙った寒色系の色になったと思う。



    流して何も付けずにドライ。濡れている時は毛先にガシガシとした感じは残るがドライヤーで乾かしていくとどんどん艷とハリが出てきた。ワンタッチで同じ色味を被せたのでブリーチ部はやや色味が入り過ぎ狙ったより沈んだ感があった。



    2、3日経つとブリーチ部の色が少し抜け馴染んできた。

    そのまま色が抜けていくかと思ったが、今で一週間ほど経つが初めに毛先のブリーチ部の色が抜けただけでほぼ色味は抜けずに保っている。

    一週間経ったが艷感はキープしている。

    スタイリング後 VERSION

     

     





     
    | THIS SHOP | 11:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2603
    トラックバック