CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< Day 2 | main | Day 3 >>
ナチュラルハーブカラー レシピ
0


    量はそんなにないけれどちらほらと出てきているグレイヘアを黒髪の明度を上げ尚且つ白髪をカバーするというテーマでモデルを使いデータを収集。

    ビフォアの写真忘れましたが新生毛1cm、月イチ8レベルのアルカリカラーでリタッチのみ、アンダーはRED少なめで明度が上がりやすいので、ひと月前にカラーリングした所は既に10レベル程になっており毛先は12〜14レベル位の完全に色味が抜けている状態。

    まず新生部を資生堂プリミエンスCL9でリフトアップ。新生部の明度は上がったが当然白髪は染まらない。



    ここからナチュラルハーブカラーで色味を被せていく。

    根元はライトベージュ14g、ブルー8g、クリア8gを塗布、続いて毛先ライトベージュ10g、ブルー4g、レッド1g、クリア25gを塗布。ラップを巻いて自然放置15分後根元を空気に触れるように起こしながらコームスルー7分。





    根元の白髪はしっかりカバーできたが想像より0.5トーン程暗めに仕上がったが色が抜けやすい髪質を考慮すると丁度良い位かな。色味は大体想像通りの寒色系。

    フェイスラインのストレートパーマをしているところは色味がやや濃く入った(すぐ抜けそうだけど)

    後は色の持ち、色の抜け具合と抜け方、手触りの変化、この辺りを経過観察して報告してもらう事になっている。


     

    | HAIR ITEM | 09:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2626
    トラックバック