CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< ナチュラルハーブカラー レシピ | main | Day 4 >>
Day 3
0


    3日目。

    この日はバスをチャーターしてドライブしながら要所を巡る。

    運転手さんのマイク越しに伝わるラジオDJのようなVOICEとバスの揺れが心地よくウトウトしながらドライブ。



    まずはウォールアート。

    ここは日本人夫婦がトイレで薬物中毒者にボコボコにされたという事件がテレビでやっていたらしいというやや危険な場所。

    確かに殺風景な場所で工場が多く、あまり人の気配がなく工業地帯独特のヤバサがあった。





    次はカメハメハ大王像。



    次はドールプランテーションでトイレ休憩を兼ねて見学。

    このロゴ見たことありますね。



    トイレ休憩もほどほどにノースショアという所へ向かいランチタイム。

    ノースショアという所はサーフィンする人にとっては有名な場所のようですね。

    ハエに集られながら青空の下ガーリックシュリンプというB級グルメを頂きました。

    美味しいですが、味が濃いのでたくさん食べると飽きますね。



    次はショッピングモールのような所へ立ち寄り、かき氷を食べに。

    今振り返って改めて思い返してみるとギュウギュウに詰まったツアースケジュールで笑えてきた。





    時間に追われるように次はウミガメを見に行く事に。

     

    ここで余談だがサングラスを買う時に店員さんがグイグイ色々なタイプのサングラスを次はコレ、次はコレと勧めてくるのだが、最後に切り札のように出してきた偏光レンズのサングラス。それを購入する際にグッドチョイスと言われたのだが、この偏光レンズというのが海の乱反射を抑えウミガメを見るのにすごく役に立ち正にグッドチョイス。

     

    海岸まで出る時の芝生の広場が風が心地よく暫く過ごしていたかった場所だった。

     

    写真ではあまり伝わらないですが海は波が結構高いのでサーフィンする人には最適なのでしょうね。

     

     

    ウミガメも早々に次はターゲットという所でショッピング。

     

    ここはトイザラスとコストコとイケアとアヤハディオが混ざったような場所。

     

    アメリカでは施設内であっても子供は必ず大人と一緒に居なければならず子供だけでウロウロしていると保護されるらしい。

     

     

    最後にディナー。

     

    ここのお店は予約を取れず先着順で、しかも山の中にあり、知らないと絶対行けないようなお店なのにとても混むらしく16:30に入店。

     

    ここのレストランも窓が無くオープンで山を見ながらの雰囲気の良いディナー。

     

     

    ここで驚いたのは見たこと無い位の突出した大きな肉。

     

    一人前でこの丸太のようなデカさは笑える。しかも安くて旨い。

     

    店員さんが勧めてくれた重めのストロングという赤ワインとの相性が抜群。

     

     

    食を勧めていくうちにどんどんと満席に。立ち飲みをしながら待つ人の姿も。

     

    京都にもこんなお店あったらいいなぁ〜と思いながら。

     

    お腹も膨れ帰りのバスで子供たちの歌を聞きながら、なんか昭和的な懐かしい感じで涙腺崩壊しかけた所でホテルへ到着、そこから部屋飲みというパンパンで濃密な3日目。

     

    | TRIP | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2627
    トラックバック