CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 3月の定休日のお知らせ | main | 白髪にグレーシルバー系の色を被せてみた >>
ヘナで染めていた髪をブリーチしてみる
0


    今回はかなり美容師向けの内容となります。

    ヘナで染めている髪を白髪と馴染むくらい明るめの色にしたい。

    美容師の方は分かると思うのですがヘナの色味の頑固な強さを。

    先月にまずブリーチ2回。

    ブリーチを2回してもヘナをしている毛先に赤味よりのオレンジがかなり強く残る。(画像なし)

    なので毛先のオレンジを馴染ませるようにナチュラルハーブカラーのブラウン系を被せナチュラルなトーンと色味で全体を合わせる。(画像なし)

    ひと月後、再チャレンジ。

     

    まず一回ブリーチ。

     

     

     

    毛先のヘナの部分に緑っぽいのが残っている。

     

    初めて知ったがヘナの髪をブリーチしていくとまずオレンジになり、次は緑になるようだ。

     

    この緑が抜けるか再度ブリーチ。

     

     

     

    先ほどより薄くなったがまだ残っている。ヘナ恐るべし。

     

    毛先の緑に合わせて馴染むようにナチュラルハーブカラーを被せる。

     

    レシピはBLUE8g、RED2g、LIGHT BEIGE5g、CLER40g。

     

    仕上がりはこちら全体的に画像の手振れがひどくてすみません。

     

     

     

     

     

    根元が明るいのだけは避けたかったので少ししっかりめに入れました。

     

    結果もう少し薄めでも良かったのでしょうがブリーチ毛なので褪色を考えると丁度良いように思います。

     

    写真では黒っぽく見えますが実際はもう少しグレーがかったシルバー系の色が入っています。


    これで次回からブリーチなしで根元リタッチのみで褪色具合を見ながら白髪と馴染むような色を入れていきたいと思います。

     

    しかしヘナの髪は手強いというのを改めて実感しました。(こういう難しい技術は楽しすぎる)

     

     

    どうもありがとうございました。

     

    | THIS SHOP | 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2637
    トラックバック