CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< ヘナで染めていた髪をブリーチしてみる | main | 残念・・・ >>
白髪にグレーシルバー系の色を被せてみた
0


    とりあえずグレー系の色にしたい。ブリーチはしたくない。後はお任せ。

    というご希望。

    ずっと白髪がしっかり染まる位の暗めのカラーで染めておりましたのでブリーチしなければ毛先は暗く沈んだ感じになるので数か月〜一年ほどかけて徐々にグレー系の色に持っていく事に。

    数回はアルカリカラーアッシュ系の9トーンで根元の白髪をぼかし毛先はライトナーでトーンアップ。

    さすがにライトナーだけでは暗く入っている毛先の色素を抜くのには限界がある。

    白髪の量はフェイスラインに多くバックにいくに従って少なくまばらな感じになっている。

    月イチでカラーリングされる美意識の高い方なのですが、それゆえ髪のダメージ、頭皮のダメージ共に気になる所ではあります。

    今回は4か月目で毛先の暗く沈んだ所も少なくなってきたので一度ナチュラルハーブカラーで白髪に馴染むグレー系の色を入れてみる事に。

    BLUE5g、RED1g、CLER18gで根元をリタッチ。

    BLUE2g、RED微量、CLER8gを毛先に塗布。




    結果フェイスラインの白髪の多い部分には綺麗なグレーシルバー系の色が入った。

    根元は白髪が染まるというよりはボケた感じ。白髪独特のギラツキがなくなりくすんだ銀髪といった感じの色になった。

    しかし白髪染めという観点で言うと全然染まっていないという事になる。プロから見るとグレーシルバー系はノット白髪だが色味は同系色。この微妙なニュアンスの違いを一般の人が見て分かるのかどうかというのは不安が残る所ではある。

    バックは白より黒が多いので前回までの9トーンアッシュ系ブラウンに薄く色素が被った感じになりフェイスラインからのグラデーションのようになった。

    スタイルはバックを刈り上げたアシンメトリー前下がりボブなので根元が8CMほど伸びてくると毛先の色の沈みも感じにくく良い感じになってきた。

    基本お任せなので次はカラーでいくか、ナチュラルハーブカラーでいくか、悩ましい所である。
    まぁ結局はご来店時の髪の状態、褪色具合、根元の黒と白の出方とを見ながらセッションしていくのだが色々な状態を想定して様々なバリュエーションを用意しておかなければならないのは楽しくもありプレッシャーでもあるが断然楽しさが勝っている。

    という事で引き出しを増やす努力をしていこう。

     

    どうもありがとうございました。

    | THIS SHOP | 18:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2638
    トラックバック