CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 5月の定休日のお知らせ | main | フォルムコントロールトリートメント3 >>
ライトナーとナチュラルハーブカラーでグレイをカバー
0


    グレイ部3,4cm、毛先ブリーチ×2+ナチュラルハーブカラー。

    薄めの色を希望。

    リタッチ部をノンジアミンのライトナー13トーンで根元ギリギリ位から黒髪の部分をトーンアップ。

    パッと見た感じトップからフロントにかけての白髪率は80〜90%。ネープの白髪率は50%以下(あえて何故トーナップしたかは後述する)

    トーンアップ後、白髪部は変わらず黒髪のトーンが上がった。



    毛先はブリーチ後のナチュラルハーブカラーの色味がまだ結構良い感じに残っているのでリタッチのみナチュラルハーブカラーを被せる。

    レシピはブルー7g、レッド2g、ライトベージュ6g、クリア20gを根元に塗布後10分、その後ヘマチンを吹き根元を起こし空気に触れさせ10分。乳化をしっかりして流す。

    狙い通り薄く色をのせる事ができた。薄くのせる事により白髪のギラツキが無くなり落ち着いた感じに。



    乳化をしっかり目にしたので毛先の方まで同じ色味になったが乳化で馴染んだ色はすぐに褪色する計算。




    表面の白髪率ならライトナーでトーンアップしなくても良い気がすると思いますが、なぜトーンアップしたかと言うと、一つめはもちろんネープの黒髪の多い部分を明るくしたかったという事。

    二つめが自分の中でのキーポイントになるのですが経験上、ナチュラルハーブカラー前に白髪部にもアルカリカラーを事前に施す事により色の入りが良くなる。(同じレシピでもアルカリカラーを入れずに直でナチュラルハーブカラーを入れると白髪部の色の入りが悪い)

    この辺りの微妙な色の入りなどはもっと多くのデータを収集していきたいと思います。

    ありがとうございました、






     

    | HAIR ITEM | 22:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2647
    トラックバック