CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< アクティバート ヒト幹細胞培養液 使用二か月 | main | ICE BLUEで涼しげに >>
塩基性染料のロコルをしばらく使用してみたが・・・
0


     

     

     

    塩基性染料という事でロコルを色々試行錯誤しながら数年使用してみたが色味は綺麗で香りも良いがどうも使い難い。
     

    地肌に付くとダメ、ウェットの状態で塗布しないとダメ、アルカリカラーと混ぜるとダメ、3〜5分で流して等、制約が多すぎて自由な発想で色々と使えない。


    ウェット塗布なのでシンプルにトナーで使う分にはOKだが細かい作業の時には操作性が非常に悪く不向き。

    あと気になるのがブリーチオンロコル後、数か月経ち髪を見た時、髪質によるものなのか昔の黒染めの残留色素なのか何か分からないがピンクの色味が髪に深く残る時があり、これが中々取れなくて次のカラーの時にかなりの手間がかかった。

     

    クリアのマニキュアで色味が抜けるという事でしたが奥深く残っているピンクは取れる気配はなくブリーチしました。(トーンダウンならそのままいけそうでしたが再度ペール系希望だったので)

     

     

    白髪も染まり、アルカリカラーとも混ぜれる万能な塩基性染料がありそうなので色々と試してブログに書いていこうと思いますので宜しくお願い致します。

    | HAIR ITEM | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2676
    トラックバック