CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< ノンジアミンによるカラー experiment 3 | main | コイーバ シグロ >>
ナチュラルハーブカラー 9ヶ月目の髪の状態 
0


    先日ご来店下さったナチュラルハーブカラーを去年の12月から約9か月毎月されたお客様の髪について感想を書きたいと思います。


    12月以前は毎月グレイカラーリタッチと毛先はトリートメントを施術していました。


    長さは鎖骨ほどのミディアム、お肌は弱くカラー時は少し沁みたり次の日の朝痒くなったりされていたのですがバリバリとお仕事もされているのでどうしても白髪をカバーしたい。


    そこでナチュラルハーブカラーを勧めてみると一度やってみたいという事でナチュラルハーブカラーに変えると全然痒みも無くなり沁みる事も無くなったそうです。(これこそナチュラルハーブカラーを導入した目的、髪とお肌に極力負担の少ないものを)


    髪質は細く柔らかくてやや大きくうねるクセがあり、アンダーは赤味が少なくカラー時は褪色すると黄色味が出やすい髪です。


    さてナチュラルハーブカラーのブラウンでリタッチ、毛先はナチュラルハーブカラーのクリアでトリートメント処理、毛先のメンテナンスカットを続けて9か月。




    9か月経つと以前のアルカリカラーの部分が半分以上無くなってきています、

    色味はやや赤味がかったココア系のブラウン(色の見え方は白髪の量によって変わります)

    ブローをしていてもナチュラルハーブカラーの所は非常にやり易く良い具合にクセも馴染み扱いやすいです。

    毛先のカラーの残っている所は少しパサつきとダメージによるものなのかクセが収まりにくく若干の扱いにくさがあります。


    それでもお客様自身は自分でも凄く扱いやすくなったと喜んでおられました。


    このお客様自身でも感じて頂ける扱いやすさと綺麗になったと喜んでもらえる事こそ美容師冥利に尽きるというものです。


    まだ若干毛先にアルカリカラーが残っていますが誰が見ても一目瞭然綺麗になっています。

    会社の同僚にも髪型変えた?と言われたそうです。(髪型は変えていない)


    毛先の褪色も気にならず一度入れたブラウンの色味が残り黄色味が出ずに経過しています。

    私としましてはアルカリカラーの部分が完全に無くなる時が楽しみで仕方がありません。

    色々な方の髪の経過と状態のデータをインプットしているので何か変化を感じられたらどんどんアウトプットしていきたいと思います。


    どうもありがとうございました。

     
    | HAIR ITEM | 11:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2686
    トラックバック