CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< STAY | main | 12月の定休日と年末年始の休みのお知らせ >>
イセヒカリ純米大吟醸「納蘇利」ひやおろし
0

    とても美味しかったのでご紹介させて頂きます

    自分で買って飲むには贅沢な品ですが日本酒が好きな方へギフト、手土産に持っていき一緒に飲むにはおすすめの品です(美味しすぎてすぐ無くなりますが)





    株式会社ヒカリ酒販様の説明書きを写しておきます

    縁起の良い米「イセヒカリ」

    平成元年、神宮神田は二度の大きな台風に見舞われました。

    全滅したかにみえた奉納米「コシヒカリ」の中で、元気な姿をとどめていたたった二株の稲。この奇跡の稲は平成八年一月皇大神宮御鎮座二千年を記念する稲として、聖寿無窮を祈念し「イセヒカリ」と命名されました。

    発見以来、10年近くも門外不出とされてきたイセヒカリは、神宮から種籾が下賜され、現在は「神が与えた新品種」として各地で栽培されています。

    私どもでは、この稲が生まれた神宮神田近くの圃場でイセヒカリを生産しています。



    地元老舗酒蔵での酒造り

    ヒカリ酒販では、「イセヒカリ」を使ったお酒を作るため、清流宮川の上流で江戸末期から酒造りを続ける元坂酒造に醸造を委託。酒米ではありませんが、神様の食事用として奉納される糖度充分なこのお米からは、スッキリとした甘味の特別なお酒ができました。



    「納蘇利」に込めた思い

    「納蘇利」とは雅楽の曲目の一つで、別名「双龍舞」とも呼ばれます。「双龍舞」の字の如く、二匹の龍が戯れる様子を舞にしたものとも言われています。この二匹の龍に、奇跡的に残った二株の姿を重ね合わせ、この地からイセヒカリが龍の如く飛翔して欲しいという願いを込めてこの名を付けました。




     
    | FOOD・DRINK | 11:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.lp-kyoto.jp/trackback/2702
    トラックバック