CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
SEARCH THIS SITE.
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< ラズベリーパイ3+DACボード | main | 紫の重なり >>
デイトリップ
0


    髪は関係ないですが神の住む山へデイトリップ

    冬特有の薄暗い早朝から神の領域へ入り、昇る朝日を背に浴びながら呼吸を深く澄んだ冷気と木々の香を感じ体中の血の巡りと心臓の鼓動を早くして体温を上昇させる(最近覚えたての大人気漫画「鬼滅の刃」風に)と恍惚感が現れる


    最初は山の景色を見ながら春を感じていたが中腹を越えたあたりから徐々に積雪があり気が付けば無彩色で幻想的な空間、静寂の中、雪を踏む音と自らの呼吸、鼓動の音だけの世界


    枯れた木々に積もっている雪が北欧っぽいなと感じたりしながら(北欧行った事ないけど)



    頂上付近では鳥居をくぐっていく物の怪の足跡などを見て辿っていきたくなったが雪深く迷い込みそうだったので安全第一で同じルートを下山



    下りは快晴で空が青く澄み広がり雪が解けてぬかるんだ道を踏みながら多くの昇る人とすれ違い同じルートなので特に何の感動もなく黙々と降りた

    前日に降った雪が残り気温もそこまで低くなくアイゼン要るか要らないかのライン位で丁度良い雪山を歩け運が良かった

    このデイトリップで目に焼き付けた情景を何らかの形でヘアスタイルのデザインに取り入れていこうと思います


    いつもどうもありがとうございます










     

    | PRIVATE | 21:24 | comments(0) | - | pookmark |
    コメント
    コメントする